実は昭和レトロの宝庫・江ノ島さんぽ

江ノ電、江ノ島駅看板 レトロ

江ノ島といえば、言わずとしれた有名観光地です。近くには有名な湘南の海水浴場と古都・鎌倉。

そんなリア充な観光地・江ノ島ですが、実は昭和レトロの雰囲気を残しているのです。

まず、代表的なのが鎌倉と江ノ島を結ぶ江ノ電です。路面電車のような懐かしさがあり、駅もレトロな雰囲気を醸し出しています。

昭和の雰囲気が残る、江ノ島周辺

お土産屋のジャンボマックスと、レトロゲームのスマートボール

ジャンボマックス

こちらのお土産屋さんの人形、ジャンボマックスといって昭和40年代のバラエティ番組に登場した大きな着ぐるみです。(身長3m)富士フィルムのCMにも出演していたので、その販促品かもしれません。

レトロゲームのスマートボール

元祖レトロゲーム、スマートボール。四万温泉など昔ながらの観光地にいまでも残っています。遊び方はパチンコに似ています。

レトロな江ノ島みやげ

貝がらで作られたレトロな人形。これは昭和30~40年代に流行ったお土産の貝殻人形。ドレスを着たお人形は、昔の少女たちの部屋に飾られていました。写真の潜水服は、今でも使えるのでしょうか…。そして、これらの貝はどうみても外国産…

エスカー乗り場の看板

「エスカー」とは「エスカレーター」のこと。1961年、有料のエスカレーターとして設置されました。当時はまだエスカレーター自体が珍しかったのかもしれません。確かに普通のビルの中にあるエスカレーターと違い、長い長いエスカーはどこにつくのかわからない、ワクワク感があります。

昭和な雰囲気の残る明治製菓の看板。いまでもあるのかな…

おまけ 昔の絵葉書

建て替え前の旧江ノ島展望塔と旧江の島植物園。(絵葉書)江ノ島の展望台は、今でこそ建て替えられておしゃれなスポットとして有名ですが、昔はこんなにレトロな建物でした。昭和戦隊ヒーローの基地みたいですね。

昭和30年代モダン観光旅行
昭和30年台、旅行ブームの日本各地で作られた着色絵葉書(白黒にあとから着色したもの)から当時の観光地の様子や交通機関などをまとめた本。当時の観光地の風景や人々の風俗が垣間見れて興味深い本です。

昭和30年代モダン観光旅行

中古価格
¥1,529から
(2018/6/29 00:00時点)

江ノ島の宿泊施設はトリップアドバイザーで比較



昭和30年代モダン観光旅行

中古価格
¥2,072から
(2018/8/18 23:09時点)

コメント